LED電球とはなんなのか調べてみる

LED電球とはなんなのか調べてみる。

LEDとは発光ダイオードのことです。
英語の「Light」「Emitting」「Diode」の頭文字をとって付けられた名前
日本語だと「光って出るダイオード」ってことになります。
2014年にノーベル物理学賞を取った「青色発光ダイオード」がはじまりかと思いきや
1960年代にはすでにLEDはあったんです。
赤色と黄緑色が始めに開発され
1970年代に黄色ができました。
1993年にかの有名な日本の大発明である「青色LED」が開発され、
1996年には青色LEDと黄色蛍光体の組み合わせによる
白色LEDができました。

一般的な照明に使うには白色にしなくていけません。
青色ができたことにより、今のようなLEDができました。

照明として使うために通常の白っぽい光にするには
3通り方法があります。

・青色に発光するLED+その光で励起され黄色を発光する蛍光体を組み合わせ
(一番発光効率が高い方式ですが、やや青白くなってしまいます)

・近紫外LEDまたは紫色LEDにより、赤・緑・青の蛍光体を光らせる
(方式は3波長形の蛍光ランプと同じできれいな白色が得られる)

・赤緑青の3色のLEDを組み合わせる方式
3色のLEDの組み合わせで白色光になります。
白色光にするには、LEDの明るさのバランスが難しく、重要です。

<LEDの特長>

LEDは白熱電球灯や蛍光灯より優れています。
優れている点
・長寿命(約40,000時間)
・視認性が良く、屋でも使える。(交通信号機など)
・器具の小型化ができるので、照明器具としての設計の自由度が高くなる。
・電力消費が少ないので環境に優しい。
・紫外線や熱線をほとんど含んでいない。

LED照明はその明るさに比べるとサイズを小さく作ることができるので
光の配置の自由がきき、照明器具をコンパクトにすることが可能です。
コンパクト化されたLED照明なら、今までの照明では設置困難だった場所や、
独自の照明も可能となります。

オススメリンク集
大規模事業者向けソーラー発電情報.com
FXシストレ比較内職 アルバイト貯蓄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です