LEDが使われている用途

LEDはどんなところで使われている?

・携帯電話のバックライト
・大型ディスプレイ(屋内&屋外)
・道路交通表示用板
・信号機
・イルミネーション用
・乗用車の部品(LED電球、LEDバルブ)
バックライト(インパネ)
ストップランプ
テールランプ
フォグランプ
メーターパネル
エアコンパネル

自分の家の照明をそのままLEDにしたい場合
照明器具によっては、そのまま使用できる場合があります。
(一般白熱電球などの白熱電球をLEDに変えてそのまま差し込むだけ)

選び方

<口金> ※一番重要
口金の種類を確認する(電球用ソケットサイズと形状など)
ポピュラーなLED電球は「一般電球形」をしていて口金が「E26 」になっています。
一般白熱電球と同じ”口金”なので、使えます。

小形電球だと「E17」口金
ハロゲン電球だと「E11 」

LEDの形状や大きさが一般白熱電球と異なる(上記のような口金でない場合)は、取付できないことがあります。
照明器具に取り付ける際、LED電球が使えるか確認が必要です。

一般白熱電球よりLED電球のほうが重いので、その点にも注意が必要。
照明器具をよく確認して、重さや大きさを調べる必要があります。

そのほか、照明器具(密閉形)で使用する場合や
断熱施工照明器具、調光器と組合せで使用する場合は、使用条件に適したLED電球を選んでください。

<明るさ>
全光束・ルーメンで表されます。
明るさの目安となるので、商品パッケージに記載されたLED電球のルーメン値を確認しましょう。
放射される光の量は、lm値で表わされ、大きいほど明るいということになります。
小形電球や一般白熱電球からLEDに取替える際、現在使用している電球の明るさと購入予定のLED電球
とのルーメン値を比較して現在使用の何ワット数に相当するか考えて購入しましょう。

<配光(光の広がり)>
どの方向に光が出ているのか、その光の広がる方向を配光といいます。
一般白熱電球の配光は電球の全体(上下左右)に広がります。
しかし、LED電球は電球の下(口金を上向きに取り付けた場合)の方は明るくなりますが、
上方(反対側)への光は得られない場合があり、期待した明るさが得られなくなります。
一部のLED電球は上向きの光も得られるものも発売されているので
光の広がりに注意して電球を購入する必要があります。

<光色>
電球形蛍光ランプや蛍光灯ランプのように、LED電球にも何色かの光の色があります。
・「電球色相当」一般白熱電球相当の光色
・「昼白色」白い色味

光の色を色温度(ケルビンは光を表わす単位(K))
一般蛍光灯(昼光色)7200K程度
一般蛍光灯(昼白色)5200K程度
一般蛍光灯(電球色)3200K程度
LED(白色) 5200K
LED(電球色)2900K
なので色温度が高いほど、白く、低いほどオレンジ色になっていくということになります。
自宅でもこだわりのある人や、お店などの場合は光の色味(色温度)が
ムード作りの為にも重要になってきます。
電球によって微妙に色温度が違うので、空間の色をイメージ通りにするには
よく確かめる必要があります。